矯正歯科

矯正歯科とは

kyousei美しい歯並びを実現し健康的な笑顔をつくります。

歯並びを良くすることにより咬合性が向上し健康増進にも貢献します。

歯並びや噛み合わせの悪さによる悪影響を改善することにより健康的な生活を送ることが歯列矯正の目的です。

状態によっては矯正治療が必要な場合もあります。

矯正治療に関しては症例によって適応する方法が異なります。

一般的な矯正から矯正装置を目立たせない方法まで多様な方法があります。

噛み合わせの悪さ(不正咬合)は、口元のコンプレックスによる精神面への影響だけでなく、さまざまな弊害を生み出す原因にもなります。

 

悪影響
解説
顎の成長や
顔の形に影響を及ぼす
正しく噛むことが顔の筋肉や顎の骨の発達を促します。
不正常な噛み合せを続けると、顎が未発達になり、それが噛み合わせを更に悪くしてしまいます。
顎の未発達は歪みとなって顔形に表れます。
虫歯や歯周病になりやすい
歯並びが悪い部分は歯磨きをしにくいため、磨き残しのプラークが付着しやすく、
虫歯や歯周病にかかりやすくなります。
十分に噛むことが困難
歯の咬合性が悪いため正しく噛むことができず、食物を充分に噛まずに飲む込む癖ができやすく、
胃腸に大きな負担を与えます。
発音しにくい
噛み合わせの状態によっては、歯間より空気が漏れてしまうため正しい発音が困難になる場合があります。
肩こりや筋肉痛になりやすい
噛み合わせで使用する筋肉は首・肩の筋肉と連動しています。咬合が悪いと偏った筋肉の使い方になるため片方の筋肉が硬直したり血管や神経が圧迫されたりします。これが原因で肩こりなどを誘発したりします。
顎関節症になりやすい
ストレスなどによる就寝時の無意識の食いしばりや歯軋り、不正咬合よる偏った筋肉の使い方が顎関節症を誘発する場合があります。
顎関節症が進行すると、突然痛みを伴う、お口が極端に開きにくくなうなどの症状が現れます。

 

歯列矯正が望ましい咬合例

叢生(そうせい)
「八重歯」や「乱ぐい歯」のこと。
歯と歯が重なりあったり、隙間ができたりします。
開咬(かいこう)
奥歯は噛んでいても、前歯は噛み合わずに開いている状態。
上下の歯の間に、隙間ができる噛み合わせです。
上顎前突(じょうがくぜんとつ)
「出っ歯」のこと。
上の歯が下の歯よりも突き出ている噛み合わせです。
反対咬合(はんたいこうごう)
「受け口」のこと。
下の歯が上の歯よりも前に出ている噛み合わせです。

 

歯列矯正を始めるにあたり

歯並びの乱れが成長期に認められる場合には、早めにご相談することをお勧めします。

成人の方の矯正は小児や成長期のお子様に比べると時間がかかる傾向があります。

治療期間は歯並びや骨の状態、治療内容等によって個人差が出てきます。

一般的には治療そのものに1~3年、治療後の保定(安定するまでの期間)に1~2年かかります。

時間をかけずに歯並びを整えたい方には、セラミックを用いて歯並びを整える治療法もあります。